レーシック

MENU
サイトコンテンツ

医療費控除とレーシック

レーシックは近視・乱視・遠視を改善させることができる、新時代の視力矯正手術です。

しかし料金がまだ高く、公的保険も適用されません。保険会社の保険が適用される場合もありますが、誰でも利用できるのが医療費控除制度です。医療費控除を賢く利用して、レーシックをお得に受けましょう。

では医療費控除というシステムについて、ちょっと解説しましょう。医療費控除とは高額の医療費を支払った方に対する税金還付制度です。

簡単に言えば1年間に支払った医療費が10万円を超えた家庭が対象になります。家族単位なので、レーシックを受けた方が1人でもいれば対象になる事が多いようですね。

しかし実は仔細なルールが定められており、一筋縄ではいきません。
まず保険会社の生命保険や医療保険に加入し、レーシックに関して保険料を受け取っていた場合はその金額が控除の対象外になります。

さらに10万円以上といっても、10万円を超えた金額に関してのみ控除されます。

具体的な例を挙げてみましょう。レーシックに30万かかり、保険会社から10万円が支払われたとします。
するとその差額の20万円から、さらに10万円を差し引いた10万円分が、医療費控除の対象となるのです。

ちょっと肩すかしをくってしまうシステムですが、それでも10万円の医療費控除では数万円程度所得税や住民税がお得になると言われています。

この金額は収入によって左右されますので、詳しくは税務署や役所などに問い合わせてみてくださいね。


関連情報

Copyright (c) レーシックの真実 All Rights Reserved.